神﨑 拓人

Rails Developers Meetup 2017 で大阪会場の提供を行いました


こんにちは! Aiming ソフトウェアエンジニアの神﨑です。

Aiming は去る12月9日に東京で開催された Rails Developers Meetup 2017 のスタッフ協力及び、弊社エンジニア植森の登壇、そして弊社の大阪スタジオの一部を Rails Developers Meetup 2017 大阪会場 として提供させていただきました。

Rails Developers Meetup とは

Rails Developers Metetup (以下 Railsdm) は「第一線で活躍する開発者・導入企業から、RubyやRailsに関する発想・アプローチ・成功体験・失敗体験を学ぶ非営利勉強会」で、普段は月1回ほどのペースで平日の夜に行われています。

しかし今回の Railsdm は「2017年の最後を締めくくる超拡大版」として、休日の13時から18時までぶっ続けで、 Rails 界隈で有名な方々の発表を聞けるという非常に濃い時間を過ごせる貴重な機会でした。

大阪会場について

今回私は大阪会場の設営と当日のお手伝いをさせていただきました。大阪会場は東京の本会場で行われている発表の中継映像を視聴するもので、いわゆる「ライブビューイング」の形で行っています。こういった有名な方がたくさん登壇されるような勉強会が開催されるのは東京のほうが圧倒的に多いので、中継であってもそういった方々の発表を大阪に居ながらにして聞くことができるのは非常にありがたいことです。

また今回はセッション終了後に大阪会場で懇親会も行いました。東京に比べると小規模なものでしたが、その分参加者の方と密度の高いお話をすることができて非常に面白かったです。

さいごに

今回 Railsdm で発表に登壇していただいた方々、また主催者である平野さんをはじめ、東京・大阪会場のスタッフの方々には貴重なお話を聞ける機会を作っていただきありがとうございました。

Aiming では、新宿駅に近い東京本社及び、大阪駅直結の大阪スタジオの部屋を勉強会会場として積極的に提供を行っていますので、お知り合いの弊社スタッフか弊社公式サイトのお問い合わせまでお気軽に問い合わせください。


神﨑 拓人

RubyKaigi 2017 に Gold Sponsor として協賛します&広島のおみやげの話


Source by RubyKaigi 2017

こんにちは! Aiming ソフトウェアエンジニアの神﨑です。

Aiming は来る9月18日(月)から9月20日(水)に行われる RubyKaigi 2017 に Gold Sponsor として協賛します。 Aiming では開発基盤として Ruby on Rails を多く採用しており、 Ruby コミュニティのさらなる発展に貢献したいと考えています。

昨年は国立京都国際会館で行われましたが(昨年の報告記事)、今年の会場は広島国際会議場とのことで、おそらく参加者のほとんどの方が広島へ遠征することになるのではないでしょうか。そうなるとやっぱり調べておきたいのは広島のお土産。おすすめの広島土産がないかを広島出身の友人に聞くと、定番ものから今まで知らなかったようなものまで紹介されたので、まとめてご紹介します!

続きを読む


カテゴリー: Ruby
s-kuroki

Ruby関西勉強会に会場を提供しました #rubykansai


大阪スタジオのwebエンジニアの黒木です。

1/14(土)に開催された第76回 Ruby関西 勉強会に大阪スタジオのセミナールームを提供しました。

Ruby関西は関西では最も歴史の古いRubyコミュニティで、現在も2ヶ月に1度勉強会が開催されています。また、主催イベントに過去6回開催されている関西Ruby会議があり、次回開催が今年の5/27(土)に予定されています

勉強会の発表内容は毎回多岐に渡っています。前回は私も発表させてもらいました(スライド)。

今回は弊社の植森が「ゲーム会社でのRuby : rails活用事例」と題しまして、AimingでRubyとRailsをどのように利用しているのかという話をさせてもらいました。

Aimingでは勉強会への会場提供を積極的に行っています(東京大阪)ので、いつでも気軽に問い合わせしてください。をはじめ、Aimingスタッフに連絡してもらってもOKです。お待ちしています。


rastam

英語圏のオススメ Ruby・Rails 書籍


初めまして!エンジニアのラスタムです。

英語圏ウェブ開発業界で独自の文化を作り出した Ruby と Rails。
そのコミュニティーに大きな影響を与えた書籍が沢山あります。
日本でも話題になり、和訳されているものもあれば、訳されていないものも未だに山ほどあります。
代表的な作品を紹介させていただきます。

初心者向け

Programming Ruby

Ruby 言語を初めて英語圏に普及させた超大作。
表紙のつるはしにちなんだ、「The Pickaxe」という愛称がつくほどの名声を博しています。
Ruby の言語的仕組みに興味がある方にオススメ。

★ 和訳あり!

The Ruby on Rails Tutorial

Ruby・Rails コア機能だけでなく、git や bundler など、現代ウェブ開発でよく使うツールを総合的に紹介する入門書。
他言語のウェブ開発を既に経験しているエンジニアには特にオススメ!

★ 和訳あり!

Why’s Poignant Guide to Ruby

不思議なプログラマー兼イラストレーター why the lucky stiff 氏が執筆した青年向け入門書。
3 コマ漫画を添えた、独特でユーモア溢れる文章が、Ruby エンジニアの間で人気を集め、流行語さえ生み出しました。
2009 年に why the lucky stiff 氏は、なぜか Ruby コミュニティーから脱退しましたが、今も愛され続けているこの作品は、ボランティアにより維持され続けています。

★ 和訳あり!

中上級者向け

Rails Antipatterns

Thoughtbot 社初期刊行物のひとつで、個人的に最もお気に入りの一冊。
Model、View、Controller の各レイヤーでよく悪用されるアンチパターンとその解決案を読みやすく紹介しています。
Rails 3 以来は改訂されていないため、時代遅れになってしまいましたが、スパゲッティーが美しくてシンプルなコードへと変わっていくリファクター談を楽しむだけでも十分読む価値があると思います。

Practical Object-Oriented Design in Ruby

通称 POODR(púdər、プードル)で知られている名作で、執筆者 Sandi Metz 氏が 2013 年 Ruby Hero 賞を受賞するほどの盛名を馳せました。
カプセル化やポリモーフィズムといったオブジェクト指向を具体的な例を添えて紹介している、経験者向けの技術書。

★ 和訳あり!

99 Bottles of OOP

Sandi Metz 待望の最新作。
そして共同執筆者として参画しているのはなんと、感動作カンファレンストーク Therapeutic Refactoring と、レビュー駆動多言語学習ツール exercism.io 生みの親 Katrina Owen 氏。
99 Bottles of Beer 民謡生成アルゴリズムを題材に、実装・リファクター案をいくつか取り上げ、それぞれのメリット・デメリットを丁寧に説明しています。


神﨑 拓人

RubyKaigi 2016 に Bento Sponsor として協賛しました


IMG_20160910_081816みなさんはじめまして!新卒エンジニアの神﨑です。

先日お伝えしたとおり、弊社 Aiming は去る9月8日から10日にかけて京都市の京都国際会館で行われた Ruby Kaigi 2016 に Bento Sponsor として1日目のお弁当を提供させていただきました。

そしてこの私も、スポンサー企業の社員として RubyKaigi に初参加させていただきました。

RubyKaigi 2016 は京都!

IMG_20160910_083045

RubyKaigi は去年まで東京で行われていましたが、今年はより広い会場を求めて、京都市の京都国際会館で行われました。京都国際会館といえば、京都議定書が採択された会議である COP3 が開かれた会場で、メインホールには大きなスクリーンや、ほぼすべての席に机と電源があり、セッションを聞きながらメモを取るのにすごくいい環境でした。

Bento Sponsor として

IMG_20160908_114854

今回 Aiming はRubyKaigiに参加されている皆さんへ1日目のお弁当を提供する Bento Sponsor として協賛しました。お弁当にはRubyKaigi仕様の掛け紙をつけて、スタッフからも直接参加者の方にお弁当をお渡しさせていただきました!

IMG_20160908_122528

中身も京都らしいはんなりとしたお弁当で、参加者のみなさんからも好評でした。

はじめてのRubyKaigiに参加して

IMG_20160908_092210

RubyKaigi は「国際会議」で、 Ruby のコミッターを始めとするエンジニアが世界中から集まり、セッションを聴いたり、意見を交わすため、公用語は英語になっています。なので会場の案内が至る所で英語になっており、日本語の発表でも資料はすべて英語、発表自体も英語で行われるセッションも多くあります。英語のセッションはなかなか内容を把握するのが大変でしたが、耳から入ってくる英語の中から自分にわかる英単語と、スクリーンに出されている英語を読みながらなんとか発表内容を把握していました(もっと英語力を身に着けたい)。

また実際に Ruby コミッターたちの話を直接聞くことができ、普段は遠くにいると感じることの多いプログラミング言語の開発者との距離が近いのもこのイベントのすごいところだと感じました。

今回 Aiming からは、僕も含め5名のエンジニアと1名の人事が参加しました。しかもチケット代から交通費まで(東京本社から参加したスタッフは宿泊費も)全て会社負担で参加することができました!改めて Aiming には感謝です!

また運営の方々は今回すばらしい会場と、出会いの場を提供していただきありがとうございました!


カテゴリー: Ruby