ヴァリアントレギオンで利用しているSlackBOTについて


こんにちは。エンジニアの山内です。

Aimingでは社内のチャットツールとして Slack を使用しており、ヴァリアントレギオン (以下ヴァリレギ) のチャンネルでも、いくつかのBOTが動作しています。

KPT入力を催促するBOT

ヴァリレギのチームでは、Trello に Keep, Problem, Try を思いついた時に入力しておき、スプリントのタイミングで入力された内容を見返してKPTを進行しています。
ついつい忘れがちなため、毎日特定の時間になると Trello へ KPT の入力を要求するBOTがいます。KPTをやかる(※)BOT と呼ばれています。

※やかる:方言。(強引な理由の)文句を言う。訳すなら「KPT入力(されてない事に)文句を言うBOT」。

レビューを催促するBOT

ヴァリレギのチームでは、レビュータイムを設けてレビューが溜まってしまう状況を低減しています。レビュータイムをBOTが通知します。

Pivotal確認を催促するBOT

ヴァリレギのチームでは、PivotalTrackerでストーリーの管理をしています。実装ができて Accept を行うのはプランナーチームになるため、完了しているストーリーが無いか確認を催促するBOTがいます。

bugbot

最近はTODOも通知するようになりました。

担当決めBOT

急ぎで見てほしいレビュー、調査依頼など、誰かに依頼したいけど誰に投げるか決めにくい。かといって、@誰か ではなかなか拾われない。ということで、担当をランダムに抽選するBOTがいます。

これは あなたのチームの「いい人」は機能していますか? というスライドで紹介されていた手法です。

エリス 担当 <人数>

と入力すると担当者をピックアップしてくれます(エリスはヴァリレギ内でプレイヤーに色々教えてくれるキャラクターです)

eris

なぜか作成者が抽選されにくい現象が発生しましたが、コードに不正はありませんでした。
コマンドが日本語で打ちにくいと言う意見があり、エリスの多言語化が要求されています。

これらのBOTのおかげでチーム内のコミュニケーションが円滑になっています。