GWも近いので時間があるときに読んでおくとためになるサイトを紹介します!!


こんにちは、ソフトウェアエンジニアの平野です。

今回は GW も近いということで、時間があるときに読んでおくとためになるサイトを3つ紹介したいと思います。

Unity エディター拡張入門 (http://anchan828.github.io/editor-manual/web/)

「エディター拡張をすることで何ができるようになるの?」がとても分かりやすく書かれていて、エディター拡張をしてみたいと思っている方はぜひ一度読んでみるといいと思います。最近WEB無償版が公開されたようです。

任天堂 社長が訊くシリーズ (https://www.nintendo.co.jp/corporate/links/)

任天堂のさまざまなプロジェクトの制作エピソードが読めるサイトです。
ファイアーエムブレムシリーズが好きなので、ファイアーエムブレムの開発秘話が知れるだけでテンション高まりました(ちなみに私はカジュアルモード肯定派です)

電ファミニコゲーマー ゲームの歴史を紐解くシリーズ (http://news.denfaminicogamer.jp/category/projectbook)

今年の2月から連載が始まったシリーズで、ゲームに名を残している名作ゲームの製作エピソードが読めるサイトです。個人的にはコーエーの記事がおすすめです。「旦那のゲームを売るために離婚を辞さない」の言葉のインパクトはなかなかでした。

終わりに

今回は時間があるときに読んでおくとためになるサイトということで3つ紹介しました。
開発秘話や製作エピソードは一ユーザとして楽しく読みながらも、開発者として考えさせられる話とかもありますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。


Unite 2016 Tokyoに参加してきました


はじめまして!エンジニアの鈴木聡です!

04/04-05の2日間開催された、Unite 2016 Tokyoに参加しましたので、その記事を書かせていただこうと思います!

Unityの中の人がたくさん!

Unity公式のカンファレンスということもあり、Unityの中の人の生の声が聞けるのが大きな特徴だと思います!開発の方も来日されますので、結果として講演は英語が多めに…でも大丈夫です!同時通訳が完備されていますので!(でも本当は英語で直接理解した方がいいと思います…)
unite2016_room1_m

Unity新機能

すでによく知られているものからあまり知られていないものまで、多くの新機能が発表されていました。アセットバンドルに関しては、Manifest や LZ4 圧縮や UnityWebRequest など、多くの利便性の向上が図られていて、すぐにでも活用していきたいと思いました!

リリースはまだ先になりそうですが、タイムラインエディター(Sequence Tools)がかなり将来性を感じる内容で、力を入れて開発を進めるという意思を感じましたので、実用化に向けて今から楽しみな感じです!

高速化まわり

モバイルにも3Dレンダリングの波は確実に押し寄せてきていて、コンソールやPCで実現できている表現が徐々に入ってきていて、なかなか苦労が絶えない今日この頃だと思います。その実現のために高速化や最適化についても、実際の開発例からUnityの内部構造に至るまでの様々な講義が行われ、今後の開発に役立てられそうな情報が少なからず入手できたのではないかと思います!日々精進ですね!

まとめ

今回、初めて参加させていただいたのですが、他のカンファレンスとはまた違った空気があり、なかなかよかったのではないかと思います!ここで得た知見を今後の開発に生かしていきたいと思います!
unite2016_booth_m

以下CM

実は、弊社はUnite 2016 Tokyoのブロンズ協賛をさせていただいてました!Uniteに参加された方は、入場の時に袋を手渡されていると思いますが、その中にひっそりと入っていたKitKatは、弊社「剣と魔法のログレス」のマンドラというキャラの絵が入った特注品だったんですよ!unite2016_kitkat_mはい、チョコレート。

このKitKatについては後日談がありまして、とある事情で会場で配る予定よりも大量に上回る個数を作られることになったのですが、ご厚意によりUnity Technology様より弊社に余剰分を無償提供していただけることになりました!unite2016_kitkatbox_mどどーん!

機会がある度に配布させていただこうと思っておりますので、気になる方は会場などで弊社社員にお声掛けいただければ幸いです!


「ゲーム開発が変わる ! Google Cloud Platform 実践インフラ構築」という本を執筆しました


インフラエンジニアの野下です。

去年の年末から年明けにわたり、人生初めて本を執筆させていただきました。

本の内容については、日本リージョンの開設を発表し、さらなる飛躍を期待しているGoogle社のクラウドサービスである、Google Cloud Platform (以後GCP)へのゲームサーバ移設の話や弊社の様々なところで利用しているGCPの利用状況などについて書かせていただきました。

また、弊社の芝尾も一緒に執筆させていただき、弊社のデータ分析環境で使用しているBigQueryについての環境構築や他の分析環境との比較について紹介しています。

話をいただいたのが11月末で、それから冬休みのほとんどを執筆活動に費やし、2月中旬に校了というかなりタイトなスケジュールでしたが、2016年3月4日にkindle版をリリースすることができました。話をいただいた時は、まさか自分が本を出版することになるとは夢にも思わなかったのですが、誰でも体験できることではないので、貴重な体験をすることができました。

こちらが、本の表紙になります。初めて表紙ができた時は、感慨深いものがありました。現在、Amazonのストアにkindle版オンデマンド版の2種類がストアに並んでますので、是非読んでみてください(オンデマンド版については、4月1日ごろ発売予定)。

gcp表紙