菅野 明洋

社内でエンジニア読書会をやってみた!


はじめに

初めての人は初めまして!
前回の記事(第2回 Game Gatling LTに登壇してきました!)を見てくれてる人は、お久しぶりです!

大阪スタジオ インフラチームの菅野明洋です。
業務では、主に大阪スタジオのサービスインフラを担当させていただいております。

今回は、読書会を開いてみましたので、その話をまとめました。

読書会について

読書会は、集団で読書や読書に関するコミュニケーションを図るイベントです。
弊社では興味がある話題や本ごとに幾つかの読書会が開かれております。

開催してみた読書会について

今回は、SQLアンチパターンと言う本を題材にしております。
この本の読書会をするキッカケとしては、弊社の若手のエンジニアが最近読み始めたと言うことで話題に上がったことと、他のエンジニアと意見交換出来たら面白いと言う事で開いてみました。

読書会のルールについて

基本的に参加自由

  • 参加者は8〜12人程

開催時間

  •  定時後の45〜60分
    • 子育てで忙しい人も参加しやすくするために短めに設定
    • 経験上、1ページ2分換算で調整
  • 時間内(15〜20分程度)に章の全てを読みきれない場合は2日に分ける
    • 2日に分ける場合の例
      • 1日目にアンチパターンの問題点を黙読し他班に説明
      • 2日目にアンチパターンの解決策を黙読し他班に説明

用意したもの(書籍以外)

  • 付箋、筆記用具
    • 質問や意見を記入
  • ホワイトボード
    • 書籍の内容の説明や上記の付箋を並べるのに使用
  • キッチンタイマー(スマホアプリ)
    • 時間調整に使用

やり方

読書会の流れ

事前にやること

  • 読書会の日時、場所を決める

ステップ1(班分け)

  • 参加者を2班に分ける
    • 現在の決め方は座った席を順で分ける

ステップ2(読書フェーズ:アンチパターンの確認)

  • 各自担当箇所の章を黙読
    • 最近は読む際に付箋を配り、気になった点や質問したい内容を記入
    • ページ数に応じて変更しますが、大体15〜20分を目安にしています

ステップ3(説明フェーズ)

  • 読んだ箇所を別の班に説明
    • 説明する際は、図説する際はホワイトボードも使用
    • 章ごとに10分程度(計20分)の説明する

ステップ4(質問・討論フェーズ)

  • 全体を通して質問、討論を行う
    • 気になる点、分からない点を確認し解消する
    • 討論時にはアンチパターンに対してどのようにアプローチすべきなのか、他に方法が無いのかなど参加者の想いや考えなどのやり取り
    • 過去の話とかで盛り上がることもあります

読書会の様子

弊社の藤野がSQLアンチパターンの5章EAVについて説明している様子

読書会中に書き留めた付箋を集めてホワイトボードに貼っている様子(5,6章)

読書会中に書き留めた付箋を集めてホワイトボードに貼っている様子(3,4章)

ものすごく盛り上がっている時はホワイトボードにびっしり文字や図説が書かれていることもあったのですが、写真を取っていなかったため、現在記事を書きながら後悔しております。

読書会での試みと効果(参加者のフィードバック)

課題1:短時間で効果的に理解を深めたい

  • 対応策
    • 黙読後、読んでいない人に説明する
  • 効果
    • 説明する際に一度情報を整理するため、理解を深めやすくなった

課題2:質疑応答の敷居を下げる。意見を拾い上げやすくする

  • 対応策
    • 付箋を配布し、記入してもらう
  • 効果
    • 気軽に質問しやすくなった
    • 付箋を並べることで、他の参加者の質問(悩み)が見えやすくなる
    • 類似する意見があることで、他の参加者も同じ疑問を思っている等の安心感を覚える
    • 最初から質問・意見の数がわかるため進行の調整が楽になった

最後に

読書会を通して他のエンジニアと意見が交換できたので、とても参考になりました。
技術的な話のみだけではなく読書会の運用方法なども含め様々な意見を頂き、とても勉強になりました。今回の読書会では、まだ未完成な部分もあり進行が安定していないため、ブラッシュアップをしていかなくてはいけないと考えております。
毎回試行錯誤の繰り返している状態ではありますが、今後もこのようなイベントを続けて、より完成度を高めていきたいです。


勉強会・カンファレンスの運営スタッフとしての活動


大阪スタジオのwebエンジニアの富田です。

弊社の新卒採用サイトが公開されました!
私の写真も使われていて、ちょっとドキドキしてしまいます。

リクルートサイトの中でも記載されているのですが、Aimingでは社内・社外のコミュニティ活動が推奨されています。
今回は、大阪スタジオのスタッフが運営で関わっている、関西の勉強会・カンファレンスをご紹介したいと思います。


Game Creators Conferenceは、関西で最も大きなゲーム関連のカンファレンスです。

今年は、2/18に開催され、550枚のチケットが完売する盛況ぶりでした。
このカンファレンスの実行委員にエンジニアマネージャーの槙石が参加させて頂いています。

昨年の開催時は、サーバーエンジニアの山藤が登壇しエントリを書いています。


関西ゲーム勉強会は、過去11回行われている勉強会です。

前回は250名ほどご参加頂けました。
Game Creators Conferenceよりも、開発者の現場に近い部分の勉強会を目指し、参加者同士の交流を目的としています。

最近は規模が拡大し運営が大変になってきていますが、開催する毎に新しい出会いや達成感があります。

昨年、私が運営として参加した時のエントリです。


Game Gatling LTは、15名程が登壇し連続してLTを行う、若干特殊な勉強会です。

参加者は、多くのゲーム開発者の登壇を聞くことができ、登壇者もLTということであまり負担もなく、楽しんで頂いているかと思います。
過去2回開催し、いずれも好評でしたので、第3回も計画中です。

インフラエンジニアの菅野が登壇のエントリを書いています。


3/11(土)には、合同勉強会ということで、クローバーラボ株式会社様と「激突! Aiming x CloverLab」を開催します!
遊び心で対決形式になっています。どうなることか、とても楽しみです!

勉強会・カンファレンスの運営はあまり表に出ることはありませんが、コミュニティのメンバーの方々と協力しながら、開発者同士の交流のお役に立てれば!と思います。


菅野 明洋

第2回 Game Gatling LTに登壇してきました!


はじめに

初めての人は初めまして、前回の記事(まべ☆てっく vol.1に登壇してきました!)見てくれてる人こんにちは!
大阪スタジオ インフラチームの菅野明洋です。
業務では、大阪スタジオのサービスインフラを担当させていただいております。

今回は、2016年10月2日の日曜日に大阪で開催されました第2回 Game Gatling LTにて、スピーカーとして私と藤井が登壇させていただきましたので、レポートとしてまとめました。

GGLTとは

関西でゲーム開発に携わるエンジニア、デザイナー、プランナー等の人が集まり、ライトニングトークを行うイベントになります。

今回発表させていただいた内容について

今回の発表は、剣と魔法のログレス いにしえの女神で使われている技術やノウハウの話になります。

■菅野明洋:スマホ版ログレスでグローバル展開を想定したサーバ構築をAnsibleで試してみた話

■藤井章暢:スマホ版ログレスにポストエフェクトを組み込んだ話


私の方ではAnsibleでの設定例を中心に発表しております。
Ansibleとなりますと、色んな書籍やブログ等でベストプラクティスや使用方法が記載されていると思いますが、今回の発表ではグローバル展開を想定した際に、どのように工夫をしたのかをまとめました。
グローバル展開を行ったとしても、サーバの構成が一切変わらないとなれば特に悩む必要はないのですが、現地のインフラ事情や新規実装を行うとなると日本版と全く同じサーバ構成と言うわけにはいかないケースもあると思います。
構成を国やデータセンター毎の差分を管理を行い、各地で行った改善内容を別の地域へ反映するなど相互的に良い事を取り込み合うことが出来たら良いかなと思いました。

藤井の発表では、クライアントにポストエフェクトを導入した話になります。
戦闘中のシーンに合わせて放射線状にブラー処理を入れ、従来の戦闘シーンをより迫力のあるシーンにしています。詳しくはスライドをご覧ください。

■発表中の様子

2016102402

発表中の菅野

2016102401

発表中の藤井

感想

LTとなりますと、「あれもこれも話したい。でも時間がない」といった葛藤があります。
ベースとなる発表資料は一週間から数日前には完成していたのですが、発表直前までスライドの編集したり脳内練習したり等、発表直前まで調整していました。

結果的には、一回目のドラがなったラスト1分前で私の喋りがスピードアップし、制限時間の終了を表すドラと同時に「ご静聴ありがとうございました」と言う形になりました(ギリギリセーフ?)。

最後に

GGLT運営の皆様、会場に来場した方々、登壇の機会を頂きありがとうございました。
とても貴重な経験をさせていただくことができました。


菅野 明洋

まべ☆てっく vol.1に登壇してきました!


はじめに

初めまして。
大阪スタジオ インフラチームの菅野明洋です。
業務では、大阪スタジオのサービスインフラを担当させていただいております。

今回は、2016年9月8日 木曜日の東京にて開催された株式会社マーベラス様主催の「まべ☆てっく vol.1」にて、スピーカーとして登壇させていただきましたので、レポートとしてまとめました。

まべ☆てっくとは

株式会社マーベラス様が主催する勉強会です。
今後もゲームに関わらず色々な題材を取り扱った技術系の勉強会を開催していくそうです。

今回発表させていただいた内容について

発表資料は以下のとおりになります。


本発表は、昔、私が開発業務を行っていた際に、DB周辺の品質向上や機械的な設計レビューの省力化を行う目的で実装した物を成果物として発表させていただきました。

内部処理の話をすると時間オーバーする見積もりだったので、内部の話は入っていません。

発表内容は下記のとおりになります。

  1. どんなツールか?
    1. ツールコンセプト
    2. 実行環境
  2.  ツールが出来るまでの流れ
    1. その時起きた問題
  3. 考えた解決策
  4. 実装後の成果
  5. 将来の実装予定(願望)

参加してみて

超豪華な登壇者に囲まれながら、初めて勉強会で発表しましたので、とても緊張しました。

今回の勉強会はゲーム業界の人が少なかったので、もうちょっとゲーム開発に関わっていた時の内容を含めて背景を説明したほうが、参加者の反応が良くなったのでは無いのかな?と思いました。

次回の登壇では、その辺りも注意しようと思います。

最後に

主催者の皆様のご厚意で、とても貴重な経験をさせていただくことができました。
関係者の皆様、ありがとうございました。

次回以降も何かご協力できることがありましたら、お手伝いさせて頂きたいと思います。


t_fujino

「GameServerDevelopers Vol.1」に参加してきました!


こんにちは、Aimingエンジニアの藤野です!

5/28(土)に大阪で開催された、「GameServerDevelopers Vol.1」に参加しましたので、
その記事を書かせていただきます。

サーバ周りに特化した講演会

GameServerDevelopersということで、サーバに関するお話しを聞けるのが大きな特徴です!入社2カ月目の私でも理解できるような わかり易い導入から、負荷試験の種類と それぞれの実施方法について等の、とても濃いお話まで!色々盛り沢山でした!

弊社の山藤も登壇しました

GameServerDevelopersVol1_1
実はこの会、弊社の山藤も登壇させていただきました!お話しさせていただいた内容は、
Aimingで実際に使われている通信技術について!大規模MMORPGを動作させるために
必要な通信の基盤は、どんな設計をしているのかを紹介いたしました。

当日使用した資料です。

まとめ

今回が初の開催となる 「GameServerDevelopers Vol.1」 なんと100名以上の参加があり、これからも開催したいと締めくくりがありました!私もこの会で、新たな知見を得ることができ、知り合いが増え、グッズも貰い(これが目的じゃないですよ!)、本当に楽しい1日となりました!

個人的に、特に面白かったのは、負荷試験のお話しです。負荷試験とは、サーバ群の性能を図るテストです。組み上げたサーバ群が、どこまで耐えられるか?どこかに無駄がないか?等を知るために行います。
負荷試験って楽しくないですか?楽しいですよね!というところに共感しました!
本題は、サーバのスペックを正しく把握することで、必要最低限のサーバ構成にすることや、スムーズにスケーリングできること等のメリットがあるから、負荷試験大切!を学びました!

次回も是非、参加させていただきたいと思います!


「関西ゲーム勉強会 2015冬」に参加させて頂きました!


初めまして、Aimingエンジニアの山藤です。

先日、11月28日に大阪で行われた「関西ゲーム勉強会 2015冬」で発表させて頂きました、当日はかなりの盛況でした。勉強会運営の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。

内容は「ログレスの戦闘からみるデータ同期」という事で、「剣と魔法のログレス〜いにしえの女神〜」の戦闘コンテンツでのゲームサーバ・クライアントのやりとりや、通信遅延をフォローする実装例についてです。

 

ログレスでは、クライアントがサーバからの返答を待ってから動かす、クライアント間の厳密な同期が必要になる戦闘コンテンツや、返答を待たずに動作を開始するマップ移動等、ユーザー様が不快感の少ない操作ができ、ゲームが破綻しない様に、コンテンツ毎に同期の取り方を微妙に変えていたりします。

また機会があれば他のコンテンツの実装例も紹介させて頂きます。

丁度この記事を書かせて頂いてる間に、12月4日台湾のAppleStoreで台湾版のログレスがセールストップ取りました。これからも応援よろしくお願いします。


shiwano

UI/UX他社合同セミナーで発表を行いました


こんにちは、UX エンジニアの岩野です。

9月27日に KLab 株式会社さん主催「UI/UX他社合同セミナー」にて、「Gamer Experience (仮)」というタイトルで発表、パネルディスカッションで登壇させていただきました。

当日発表したスライドは下記のものです。

登壇企業が Web サービス系とゲーム系に分かれていたので、主にゲーム側の視点から UX とは何なのかということを考えて、発表を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

UI/UX の重要性はすでに広く認知されていますが、それをどのように現実のワークフローに落としこんでいくかについては最適解がなく、各社とも試行錯誤している段階だと思います。

そうした中、各社どのような取り組みをしていて、また苦労をしているのか共有できたことは、とても有益で、弊社ももっと UI/UX の強化をしていかなければなという思いを強くしました。

このような場をくださいました KLab 株式会社さん、ありがとうございました!


hwatanabe

Aiming Study 6 UnityアプリのHTML5移植 勉強会レポート


初めまして、ソフトウェアエンジニアの渡部です。
本日は10月24日に神保町で行われたAiming Study 6 「UnityアプリをHTML5に移植してみた」について報告させて頂きます。勉強会当日はTwitterにてハッシュタグ#aimingstudyでリアルタイムに出た質問のいくつかに回答させて頂いていました。

今回の勉強会は直前で会場変更があったにも関わらず100人以上の方々に来て頂いて非常に大盛況の勉強会となりました。

参加して頂いた皆様、また急なお願いにも関わらず会場をお貸し頂いた株式会社インターネットイニシアティブさんありがとうございました!

勉強会のテーマについて

今回は現在リリース中のブラウザゲーム、HTML版ロードオブナイツ(Yahoo!モバゲー版)(モバゲー版)の開発について、弊社エンジニアの竹馬と岩野が発表しました。

  • 竹馬「大規模Javascript その設計と実装と現実」
  • 岩野「短期間+大規模ゲーム開発でも破綻しないHTML・SCSS」

前々回の記事の中でも触れられていますが、講演者の二人と僕を含むロードオブナイツのHTML版チームのエンジニアのほとんどは元々Unity版ロードオブナイツのメンバーではなく、今回の開発はUnity版のゲーム仕様とC#コード、HTML版の新規デザインを元に進められました。

続きを読む


tkato

Aiming Study 4 Unity勉強会


初めまして、ソフトウェアエンジニアの加藤です。
少し前になってしまいますが、6月1日に行われた勉強会 Aiming Study 4 Unity勉強会 について書こうと思います。

僕も初めてスタッフとして参加してきました。

今回も70人以上の方に参加して頂けて、懇親会でも色々お話しすることが出来たので大盛況だったのではないかな?と感じています。
参加して頂いた皆様、ありがとうございました!

勉強会内容

全て Unity についての内容です。

  • 「オンラインゲームで AssetBundle を使う事例紹介」
    株式会社 Aiming リードエンジニア 細田幸治 @ppcende
  • SHADOWGUN のサンプルから学ぶモバイル最適化」
    株式会社 Aiming リードエンジニア 牧野克俊
  • 「Unityのエディター拡張で効率よくゲームつくろう!
    実例紹介&ワークフローへの組み込み指針」
    石川将光氏 @lucifuges

今回 VOYAGE さんの御厚意によって、会場を 無償で 貸して頂きました。
VOYAGE さん、本当に感謝です!

続きを読む


taki

パネルディスカッション「神ゲーとクソゲー」


はじめましてこんにちは。
大阪スタジオ ソフトウェアエンジニアの滝です。
大阪スタジオエンジニア社内勉強会の運営をやっています。

今回のエンジニア勉強会では、大阪スタジオ社内でパネルディスカッションを行いました。
大阪スタジオ内の社内スタッフのみでパネルディスカッションを行うのは初の試みです。

osaka_paneldiscussion_20120220

続きを読む