s-kuroki

「聴いてすぐに試せる! Slackの便利な使い方講座」というタイトルで社内勉強会で話しました


こんにちは、エンジニアの黒木です。

先日、社内勉強会で「聴いてすぐに試せる! Slackの便利な使い方講座」というタイトルで話したので、その内容から抜粋して紹介します。

チャンネル一覧を整理して見やすくする

個人的に最重要だと思っている設定がこれです。

Slackを使いはじめると、割とすぐに入っているチャンネルの数が増えてきて、重要なチャンネルの話を集中して追いかけられない、という状態になりがちです。

  • 重要なチャンネルをStarして一覧の上部に表示する
  • 「Starしたチャンネル以外は未読がないときは非表示にする」設定で未読を消化しやすくする

この2つを行うことで、だいぶチャンネル一覧がスッキリします。

重要なチャンネルをStarして一覧の上部に表示する

times-skuroki___Aiming_Slack

チャンネルを開いた画面のこの位置にStarがあって、クリックするとStar/Unstarすることができます。Starされてない状態だと見えないので、カーソルをその位置に合わせてみてください。

「Starしたチャンネル以外は未読がないときは非表示にする」設定で未読を消化しやすくする

Slack

Slack

左上のメニューから、Preferences→Advanced Options→Channel Listの設定を「Hide any channels, etc., which have no unread activity, unless they are starred」に設定します。

チャンネルごとに通知の設定をする(Muteする、@here/@channel向け通知を受け取らないようにする)

状況を知っておくために他のチームのチャンネルに入ったりしても、@hereや@channelの対象になって、通知が来てしまって重要な通知が埋もれてしまう場合があります。また、ログをざっと見るためにだけ入っていて、新規発言を都度都度追いかける必要が無い場合があります。

前者には「@here/@channel向け通知を受け取らない」設定、後者にはMuteする設定が便利です。

貼り付けた画像_2016_05_23_20_46

貼り付けた画像_2016_05_23_20_49

設定したいチャンネルの画面を開いて、歯車のメニューからNotification Preferencesで開く画面で、どちらも設定できます。

1回だけ/定期的に自動で発言する

/remind というコマンドがあって、

/remind (誰に) (何と) (いつ)

という書式で書くことで、slackが自動で発言してくれます。たとえば以下の様な感じで設定できます。

  • /remind @s-kuroki ほげ 15:57
    • 自分に向けてのDirect Messageで15:57に「ほげ」と発言してくれる
  • /remind #foobar 今週も1週間がんばりましょう! every monday 10:00
    • #foobar というチャンネルに毎週月曜10:00に「今週も1週間がんばりましょう!」と発言してくれる

この書き方を覚えるだけでも結構便利ですが、他にも便利な指定の仕方はたくさんあります。

/remind

とだけ打つと、用例を教えてくれるので、より便利な使い方を知りたい人は見てみてください。

他に

  • チャンネルの検索
  • purposeやtopicの設定
  • 画像の貼り方

などを話しました。割と基本的な話も多いですが、使っていてもなかなか気が付かないこともあるので、そういうところをカバーしたいと思って話しました。

おまけ

Slackには自分たちのチーム独自のemojiが登録できるようになっていて、これをいろいろ登録しておくと、コミュニケーションを取るのに便利です。最後におまけで、私が登録したemojiの一部を紹介します。

Slack


PadrinoからRailsに移行しました


こんにちは、ソフトウェアエンジニアの藤井です。

今回は弊社で開発・運営を行っている 幻塔戦記グリフォン のWebAPIサーバーで使用していたPadrinoアプリケーションをRailsに移行した話を紹介します。

以下はチームのメンバーが発表したスライドです。

 

続きを読む


入社してからの1年間について発表しました

画像


はじめまして、ソフトウェアエンジニアの小林進です。
 
先日、大阪スタジオで開催されたAiming 飲み会#3 に登壇させていただき、ログレスチームのエンジニアの1年目と新しい取り組みについてお話をさせていただきました。

Aiming飲み会とは

AimingNomi#3_01

 
Aiming 飲み会はお酒を飲みながらゲーム開発について語り合う事を目的に開催される少しユルめの勉強会です。これまでは東京スタジオで開催していましたが、今回は初めて大阪スタジオ開催となりました。参加された方々とは開発について沢山お話しすることができ、とても勉強になりました。お越しくださった皆様、ありがとうございました!

 

こちらは登壇時に使用した資料です。
 

 
今回の発表ではクライアントのボトルネック解消に失敗した事と新しいアニメーションツールの導入の2つの事例について紹介させていただきました。前半はクライアントの描画ボトルネックの調査とそこから考えられる改善案、実装までを行い失敗した話を。後半では新しいアニメーションツールの導入から実装までについてお話させていただきました。

 
ゲーム会社に就職して1年目の様子はなかなか学生の頃には知ることはできなかったですが、この資料を作りながら振り返ると多くの事を学び経験できる濃い1年だったと感じました。

 
紹介となりますが、AimingではAiming飲み会やAimingStudyのような勉強会を今後も開催をしていく予定です。connpassのアカウントをお持ちで興味がおありの方は、コチラのURL より「メンバーになる」、もしくは「Join Group」をしていただけますと開催情報をより早く受け取ることができます。

 
次回開催も計画しておりますので、今後ともよろしくお願いします!