shishi

Scrum Alliance Regional Gathering Tokyo 2013 へブースを出展しました


こんにちは。Aiming プログラマーの西川です。

1/15, 16 に開催された Scrum Alliance Regional Gathering Tokyo 2013 に、Aiming はスポンサーとして協賛し、両日ともブースの出展をして参加させて頂きました。

ブースの様子

ブースには弊社のリリースしたタイトルである Lord of Knights や、現在開発中のものをプレイできるよう iPad を置いたり、弊社社員の執筆活動等をご紹介したり、Aiming を知ってもらおうというブースで訪れる方をお待ちしていました。ブースを訪れ、ゲームを試遊していただいたり、お話できた方々とは、アジャイルプラクティス、スクラムのこと、普段の業務の進め方、意識の持ち方等をお話することができました。

やはりというか、どの方も導入に伴う教育や関係者の説得、導入してからうまく成果がでないことへのお悩みをお持ちの方が多かったように思います。お話いただいた方々には、我々が今まで実施してきたことから得た経験や、今行なっていること等お話させていただきました。少しでも参考になればと思うばかりです。

お話をさせていただいた結果、こういう場にいらっしゃる方々は、普段の業務をなんとか改善したい、と考えられてる方が多いように思いました。現状、日本でアジャイルやスクラムといったプラクティスは、ようやく一般化してきはじめたところであると感じています。アジャイルサムライの著者である Jonathan Rasmusson が来日した時に聞いたお話では、今の日本には、アジャイルマニフェストが発表された頃のアメリカのようなものを感じる、とのことでした。
日本ではアジャイル開発がなかなか普及しない、と言われることもありますが、これから大きく普及期に入っていくのかなと思わされるイベントでした。

私も微力ながらよりよい環境、運営、開発手法を求めて、このような活動を含め業界に貢献して行きたいと思います。