hwatanabe

Aiming Study 6 UnityアプリのHTML5移植 勉強会レポート


初めまして、ソフトウェアエンジニアの渡部です。
本日は10月24日に神保町で行われたAiming Study 6 「UnityアプリをHTML5に移植してみた」について報告させて頂きます。勉強会当日はTwitterにてハッシュタグ#aimingstudyでリアルタイムに出た質問のいくつかに回答させて頂いていました。

今回の勉強会は直前で会場変更があったにも関わらず100人以上の方々に来て頂いて非常に大盛況の勉強会となりました。

参加して頂いた皆様、また急なお願いにも関わらず会場をお貸し頂いた株式会社インターネットイニシアティブさんありがとうございました!

勉強会のテーマについて

今回は現在リリース中のブラウザゲーム、HTML版ロードオブナイツ(Yahoo!モバゲー版)(モバゲー版)の開発について、弊社エンジニアの竹馬と岩野が発表しました。

  • 竹馬「大規模Javascript その設計と実装と現実」
  • 岩野「短期間+大規模ゲーム開発でも破綻しないHTML・SCSS」

前々回の記事の中でも触れられていますが、講演者の二人と僕を含むロードオブナイツのHTML版チームのエンジニアのほとんどは元々Unity版ロードオブナイツのメンバーではなく、今回の開発はUnity版のゲーム仕様とC#コード、HTML版の新規デザインを元に進められました。

続きを読む