藤井 章暢

クローバーラボ株式会社の方々と勉強会対決しました


こんにちは。
大阪スタジオ、クライアントエンジニアの藤井です。

去る3月11日(土)にクローバーラボ株式会社の皆さんと勉強会対決を行いました。
私も登壇させて頂きました!
今回はその内容と結果をレポートしていきます。

イベント名

激突! Aiming x CloverLab

ルール

4つの対戦項目(後述)で勝負を行いました。
発表の最後に参加者の皆様にAimingスタッフ・クローバーラボスタッフのどちらの内容が良かったかを投票していただき、その得票数を競うと言う内容でした。
持ち時間は1人15分でした。

対決項目(お題)

・クライアント
・インフラ
・サーバー
・開発環境

各発表内容のまとめを記載していきます。
続きを読む


藤井 章暢

「Houdini for Tech Artists in 大阪セミナー」レポート


はじめまして! エンジニアの藤井です。

去る9月1日(木)に「Houdini for Tech Artists in 大阪セミナー」がAiming大阪スタジオで開催されました!

https://www.borndigital.co.jp/seminar/4665.html

勉強会内容

  • SideFX社の多喜様、ルイス様による「Houdiniの概要、デモ」
  • ボーンデジタル社の吉田様による「Substanceの概要、デモ」

というプログラムで各内容、1時間ずつのセミナーでした。

平日の夜19時~21時という比較的遅い時間でしたがセミナールーム満員の状態でした!
20160901_185647_642

Houdiniの概要、デモ

前半1時間は、多喜様、ルイス様による「Houdiniの概要、デモ」の講義を行っていただきました。
20160901_192230_583
※左側:ルイス様、右側:多喜様

Houdiniとは?

ご存知の方も多いかもしれませんがHoudiniとはプロシージャル技術を取り入れたノードベースのDCCツールです。

最大の特徴は、「プロシージャル技術によるアセット(モデルやパーティクルなど)を生成できる」点です。
これにより汎用的、かつ効率的にそして感覚的にアセットを作成することが可能なツールとなっています。

20160901_191051_134
写真の例では
左から

  • 炎のパーティクル
  • 煙と炎の部分に分離
  • 炎をメッシュ化
  • メッシュ化したものから法線マップと深度マップを生成する

というデモになります。

こういった各種データ変換もHoudini上で簡単に変換することができるようです。

また、モデルのサイズを縦に伸ばしたり縮めたりしたい時、単にY軸のスケーリングだと、伸びてほしくない所、縮んでほしくない所まで影響して、なかなか思い描いたサイズ変更ができないことが多々あります。

20160901_193221_898
そういったものもHoudiniは縮めてほしくない所、繰り返しで伸ばして欲しい所などを定義して生成することができます。

HoudiniはプラグインによってUnityやUnreal Engine 4との連携も行えます。
そのためゲームエンジンとの親和性も高いことも特徴の一つです。

Substanceの概要、デモ

後半1時間は、吉田様による「Substanceの概要、デモ」の講義を行っていただきました。
20160901_200120_218

Substanceとは?

こちらもご存知の方が多いかもしれませんがSubstanceとは
プロシージャル技術を取り入れたノードベースのテクスチャコンポジットツールです。
20160901_200145_709

最大の特徴は、「リアルタイムにテクスチャパラメータの編集が可能」という点です。
こちらもプロシージャル技術を使っているため、リアルタイムな変更が可能になっています。

様々なノードを組み合わせでテクスチャを作成していくので簡単なものであれば基礎となるテクスチャは不要で、芝生や石畳などの画像を作成しモデルにマッピングすることが可能となります。

また、今年の3月に「Substance in Houdini」というプラグインが公開され「Houdiniの中でSubstanceのデータ(SBASRファイル)を直接読み込みHoudiniのノードとして扱う」事ができるようになりました!
その紹介もされており、実例ベースで非常にわかりやすい講義でした。

SubstanceもプラグインによってUnityやUnreal Engine 4との連携も行えます。
そしてHoudiniと組み合わせることで多種多様なアセットやテクスチャを作成することができます。

感想

どちらの講義も実例ベースでわかりやすい内容でした。
セミナー中、セミナー終了後問わず、講義を行ってくださった方々と直接「あれは出来ないか?」「これは出来ないか?」と質問されている方が多く大盛況でした!!

私はもともと、どちらのツールも存在は知っていましたが中々触る機会、見る機会がありませんでした。
しかし今回のセミナーを受講し「どちらも魅力的なツールなので、是非触ってみたい!!!」と思うようになりました。

どちらのツールも今回のセミナーでは紹介しきれなかった便利な機能がたくさんあります!
そしてどちらのツールも体験版がありますのでこのブログを読んで興味を持たれた方は是非触ってみてはいかがでしょうか?

Houdini公式サイト(ダウンロードページも含む)
http://www.sidefx.jp/#?Itemid=514

Substance公式サイト(ダウンロードページも含む)
https://www.borndigital.co.jp/software/1000.html